2021年02月16日

知ってるワイフ6話あらすじ

ドラマ知ってるワイフ6話感想

剣崎元春 (大倉忠義)は建石澪(広瀬アリス)との昔の結婚生活がうまくいかなかった理由をどんどん知り、また親友の津山千晴(松下洸平)と澪が付き合っているのことも見てられなくて、小池良治(生瀬勝久)に過去を変えたい願いますが冷たい言葉であしらわれます。

沙也佳(瀧本美織)が早く帰って欲しいと伝えるが剣崎元春は帰りが遅くなり、道で落ち込んでる澪と遭遇。

認知症の母の久恵(片平なぎさ)がいなくなったようで剣崎元春は一緒に探すことになりますが、これが原因で沙也佳との夫婦仲が悪くなり…。
posted by ドラマ at 20:23 | ドラマあらすじ